革命と性風俗

18世紀、イギリスの産業革命後、人類は目まぐるしい進化を遂げ、多くの戦争を繰り返しながらも、現在の優れた利便性を兼ね備えた世界を構築した。
日本もまた、人類が誕生して600万年前の月日がたち、過去まれにみる躍進を遂げてた国の一つである。 その矢先、9.11アメリカ同時多発テロ、リーマンショック、3.11東日本大震災、TPP問題などおおいかぶさるような大きな変動を受け、その様相は一変した。

アムラーやコギャル、ヤマンバなどが町を闊歩し、ピンサロや箱ヘルなど地域に未着した風俗店が町に溢れていた時代はとうに過ぎ、人々があつまるパブリックスペースには、過去の威勢の良さをとうに消え去った。また、若者の学力低下や就職率の問題、非正規雇用の増加など、仕事を取り巻く環境も悪くなる一方である。

「ブラック企業」というキーワードが、ちまたをにぎわせてはいるものの、もはや何がホワイトで何がブラックか、一基準では判別できない時代。

この時代にそれを見極めるのは、もはや一個人単位のスキルにかかっているのかもしれない。
ソーシャルネットワークにより、各個人が自由に意見発信できる時代、様々な手法で風俗への窓口は増え、その趣味嗜好は、もはや数え切れないほど、枝分かれし、中には、違法すれすれともいえる回春行為も多発している。もはや社会に将来を委ねるのではなく、一個人で未来を切り開く力が必要であろう。その一部に風俗の世界があることはいうまでもなく、夜の世界は、様々な業態を変え、どの時代にも反映を遂げてきた。

これを、社会にはびこる悪性のウィルスととらえるか、未来への希望ととらえるかは、各女性たちの目にゆだねられることはいうまでもない。2013年、現在、風俗業界へ身を投じる女性は年々増え続けている。

【地方に目を向けよう】岩手県盛岡市の風俗事情

盛岡市は東北エリアの風俗店で働くなら最有力候補のエリア

岩手県最大の都市、盛岡市の風俗事情をご紹介しよう。総人口30万人が住むこの街は、比較的地方都市の中でも経済的に恵まれている方だ。完全失業率も全国平均の5%くらいと同じか少し多いくらいではないだろうか。風俗の方も東北の中では宮城県の仙台エリアに次いで、盛り上がりのある地域だといえる。

盛岡の風俗状況を知るには、私の持論では、ここ最近一番盛り上がっている地域を絞り込んだ風俗サイトをチェックすることだ。盛岡市の場合だとビッグデザイア東北の岩手・青森・秋田特集ページが特におすすめだ。早速、「盛岡 風俗」で検索してみてほしい。一番の目安となるのが出勤情報の出勤している人数だろう。見てわかるとおり、宮城県に次いで2番目に岩手県が多いのが分かる。東北に住む女の子にとって、盛岡の風俗店で働くということは、地域性や業界の盛り上がりを見ても、第一候補に挙げるべきエリアとなっているのである。